紫外線対策はバッチリ!UVカットフィルムの効果とは?

海沿いに建つビル

家の窓にUVカットフィルムを張る

ビル

家の窓から紫外線が入ってきてからまぶしいと思っている人はいるでしょう。やはり紫外線というのは年々増えていっているので、家の中に入ってくる紫外線のせいでまぶしいと感じる人が増えてくるのは当然です。
紫外線が家の中に入ってきてから、かなりまぶしいと感じる人は紫外線によって目にダメージを受けていると言ってもいいでしょう。紫外線は目にとって天敵であり、防いでいくべきなのです。家の中に入ってくる紫外線を防いでいくためには、家の窓にUVカットフィルムを張っていくことが重要です。やはり家の窓にUVカットフィルムを張るというのは抵抗がある人はいると思います。しかし最近ではUVカットフィルムを張っても目立たないような商品もできています。それは技術革新のおかげだと言ってもいいでしょう。だから、そのような目立たないUVカットフィルムを買っていけば良いでしょう。家の窓に張るようなUVカットフィルムを買うためには、ホームセンターに行ってから購入すればいいでしょう。
ホームセンターにはたくさんのUVカットフィルムが置いてあるので、自分の求めているUVカットフィルムを買ってから家に帰って家の窓にUVカットフィルムを張りましょう。

UVカットフィルムの効果と貼り方

紫外線が外出した時にたくさん浴びてしまうというイメージがありますが、紫外線は部屋の中にも入ってくるので家の中にいても浴びてしまうものなのです。そのため家にいるから安心してしまうと紫外線を浴び続けてしまって肌老化が進行してしまいます。
紫外線は部屋の中に入ってくるのは当然窓からという事になります。そのため窓を対策する事によって紫外線が部屋に入らないようにする事も出来ます。最近になってUVカットフィルムというものが出てきていて窓に貼ると紫外線をカットしてくれて部屋への侵入を防いでくれます。
UVカットフィルムを窓に貼る時は外側に貼ればいいのか内側に貼ればいいのか疑問を持ってしまいますが、UVカットフィルムを貼るのは内側の窓で大丈夫です。内側の窓に貼ってもUVカットの効果はあるので紫外線を部屋に入らないようにしてくれます。しかしUVカットフィルムは断熱性もあるので外からの熱も防ぐ効果が期待出来ます。それで外からの熱も防ぐ目的でUVカットフィルムを窓に貼る場合は内側の窓だと効果が半減してしまうので外側の窓に貼る必要があります。
UVカットフィルムは自分で貼る事も可能ですが、気泡が出来てしまったりしてしっかり貼れないという事も多いです。そのためUVカットフィルムを貼る時は業者に依頼した方がいいでしょう。

夏におすすめUVカットフィルム

これからますます暑さが厳しくなりますね。夏のレジャーは楽しみだけど、紫外線が気になるという方も多いのでは。
そこでおすすめなのがお肌の大敵、紫外線をカットしてくれる優れもの、UVカットフィルムです。UVカットフィルムは家や車の窓ガラスに貼ることで肌に悪影響と言われる紫外線をカットする効果があります。肌の日焼けを防ぐだけではなく、紫外線の影響を受けやすい家具や畳などの色あせや劣化も防ぐので、かなり有用性の高いアイテムです。それ以外にも、割れたガラスが飛び散るのを防いだり、日光により部屋が暖まるのを防いだり、窓ガラスの強度を上げたり、色や柄でプライバシー対策できたりと、様々な加工が施されているものもあり種類も豊富です。しかしながら、専門の業者に家中の窓ガラスにUVカットフィルムを貼るよう依頼すると仕上がりは確実ですがそれなりに費用がかかってしまいます。
そのため、手先が器用な方、作業が苦でない方は、ホームセンターなどで手軽に購入できるので自分で貼ってみてはいかがでしょうか。大きい窓ガラスに薄いフィルムを貼る作業は素人には難しいですが、貼り間違えても剥がして貼り直せるタイプもあります。なんと最近では百円均一でもUVカットフィルムが販売されているそうです。効果や仕上がりや予算など、ご自分のニーズに合わせて選択してくださいね。

車の窓にも付けられるUVカットフィルム

以前、長手袋をしながら自動車を運転している女性を見かけたことがあります。車に乗っている時でも紫外線や日焼けを考えるなんて大変だなと思ったのですが、考えてみれば、自動車は窓が全方向に設置されているため、油断すると、太陽光が容赦なく入ってくるのですから、それくらいの対策はおこなって当然かも知れません。
しかし、UVカットフィルムを貼っておけば、そこまで神経質にならなくても良くなります。UVカットフィルムは見た目こそ食べ物を包むラップのようですが、気になる窓に貼りつけるだけで効果を発揮する優れものなのです。
用途としては、家の窓や会社の窓に貼るのですが、自動車に貼るタイプのものも販売されています。紫外線は肌に蓄積してくると、シミの原因にもなり、ひどい場合は皮膚がんを引き起こすこともあります。それが薄いフィルムで予防できるのですから、お得ですよね。UVカットフィルムは100円均一ショップでも売られているのですが、紫外線カット効果の強いものが欲しい場合は、1500円台のものを買いましょう。
また、熱を遮る機能も付いたUVカットフィルムもあるのですが、こちらは1万円台します。はっきり言ってピンキリですが、紫外線をとにかく浴びたくない人は少し奮発して高いものを選んだほうが良いかも知れませんね。

UVカットフィルムは畳や写真などの色褪せや劣化を防げる優れもの

夏だけでなく、どの季節でも紫外線は降り注いでいます。なんなら、晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が多いいうことはご存知でしょうか?日焼け対策をされている、女性の皆さん油断大敵ですよ。更に、紫外線は室内にいても容赦なく降り注いできます。部屋の日光が当たる場所などに写真や絵を長い時間放置していると、色褪せて日焼けしてしまう現象を見たことがあると思います。
このように室内にいても紫外線から逃れることはとても困難です。最近では窓に貼れるUVカットフィルムが発売されています。日差しが気になる部屋の窓にUVカットフィルムを貼れば、それだけで紫外線を避けることができます。また、サイズも様々あったり、部屋の窓のサイズに合わせてカットできたり、弱粘着のものもあり、賃貸の部屋にも貼ることができます。また、様々なガラスにも対応しています。
すりガラスや、網入りガラスなどにも使用することができます。お値段もリーズナブルなので、畳やカーペットの色褪せなどが気になる方にはおすすめの商品です。クリアタイプが主流なので、窓に何かを貼っている違和感も感じません。最近のUVカットフィルムはキズが付きにくい加工もされているので、長い期間で利用できます。普通の窓ガラスと同様に手入れも簡単です。

遮熱フィルム、遮光フィルム、UVカットフィルム、目隠しフィルム、飛散防止フィルム、防犯フィルムのことなら「ガラスプロテクター」が一番!ガラスプロテクターは様々な法人にも施工の実績がある、信頼できる業者です。そんなガラスプロテクターのUVカットフィルムは非常にオススメです。

Press Release

2016/07/15

UVカットフィルムを買う時に気を付ける事

これからUVカットフィルムを買おうと思っている人は、UVカットフィルムを買う時に気をつけるべきことを知っておいたほうが良いでしょう。では、UVカットフィルムを買う時には具体的にどのようなことに気を付けていけば良いのかということですが、まずはUVカットフィルムはどれくらいの紫外線をカットしてくれ…

2016/07/15

紫外線対策のUVカットフィルム

紫外線は健康やキレイな肌を維持するためにはなるべく浴びない方がいいとうのは最近の常識になっています。小さな子供でさえなるべく紫外線は避けた方がいいとわれるほど有害なものですが、外出時だけではなくて紫外線は窓を通って室内にも侵入してしまいます。そんな対策として最近UVカットフィルムがメジ…

2016/07/15

UVカットフィルムについて

UVカットフィルムですがいろんな用途に使用されています。家の窓ガラスから、車など、目的は紫外線をカットすることです。紫外線は最近では天気予報でもその予報がされています。紫外線は体には有害です。なので何とかしては紫外線フィルターを付けたいのですが、ここで車に使用する紫外線フィルターについ…

2016/07/15

UVカットフィルムを窓に張るときは

これからUVカットフィルムを窓に張ろうと考えている人はいるでしょう。やはり、UVカットフィルムを窓に張るのであれば、できるだけ綺麗に張りたいと思うのは当然のことかと思います。では、UVカットフィルムを窓に張るときにはどのようなことに気を付けていくべきでしょうか。まずはUVカットフィルム…

TOP